上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私のブログを見てくださっている方いつもありがとうございます


そこで、今回はアクセス解析のアクセスキーワードでも上位を占める


小鮎釣り情報をサービスで教えちゃいま~す♪

ちなみにほかにも多い「シーバス」の検索でヒットされた方残念ですが・・・



「わたし、シーバスやってませんので~」ごめんなさい(投げ釣りしてますから釣れることもありますが)


で、本題に戻ります


今年は雨も少なく犬上川は渋かったのですが


この前の台風でどっさり


鮎があがってきましたよ~


で、本日釣行に行ってまいりました仕掛けはこんなんです



P1000313.jpg


正直、釣具屋に騙されてるんだか恐ろしい装備に浮きや何やら高価なもん持ってきてる方(友釣りじゃあないんですから)


間違いです!


安い仕掛けでも子供でも釣れる


これこそが琵琶湖の小鮎釣りです!!


釣れるためのポイントは


①釣り方

流れのあるところでは流し釣、深みの澱んだところはドボ釣り、すれて釣れないときは引っ掛け

(これが、わかってない人が多い!)

ちなみに今は流し釣りが犬上川ではおすすめです(上の仕掛けはそうです)


②釣れる場所

流れがあるときはやや流れているところで(ヨドミにたまっているのは食欲ないです)


③時間帯

朝から夕方まで釣れますがやはり朝夕です(昼間は人間がしんどいです)


④仕掛け針

いろいろあるので試してくださいこれは日によっても釣果が変わるので

何種類か持って行って釣れてる人のを参考に


⑤餌

ポイントの次に釣果にかかわってくると思います

寄せ餌です基本針は擬餌針ですので針に餌は付けません

市販のものでもいいですが、より釣果を上げるには自作の餌をお勧めします

私は、しらすじゃこ(かまあげ)をよく練り込み、かさ増しにパン粉を大さじ五杯ほど

さらに練りこんであとはその日の気分でお酒入れたり味の素入れたり~(笑)

流れのあるところでは固めでいいです(水分雑魚のみ)

柔らかかったらすぐ餌切れしますよ~


で本日は昼から釣行です


正直今年小鮎は


ちっさ~い♪


P1000311.jpg


唐揚げにはもってこいですね♪


ウキがピコピコなって釣れたっと思ってもしばらく我慢


P1000315.jpg


するとこんな感じに~♫


P1000309.jpg


本日はよこでおじさんがニゴイを引っ掛けてられました(まな板持参でさばいて持ち帰り~♫)


それでも釣れます!


ニゴイが来て引っかかったらひとたまりもないので


石を何発もほりこみますが小鮎の釣果に影響はないです


P1000316.jpg


こんなふうに子供でもOK

雨が降ってきましたので三時間ほどで納竿


P1000317.jpg


こんぐらいでした


えらそうに説明しましたがあくまでサービスです


釣れなかったぞ~との苦情はご遠慮下さい


(また、上流は鑑札(ん?こんなじか?お金がいります)注意してください)


質問があれば私の知る限りはお答えいたします。


これから梅雨に入って釣果も伸びるでしょうし皆様頑張ってくださ~い


(私は夜釣りに~♪)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。